KAWAGOE SAITAMA Illustrator!!
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    NUKUI BOGARD突撃インタビュー5
    0
      ■1stアルバムの最初の印象はそうだったんですか!なんだか意外ですね!


      それでこれじゃダメだと思って。もう一回マスタリングし直して、それでもこれじゃ無理だと思って、MUSH JJを誘って参加してもらったんだ!そしたら、CDが輝いたんだよね(笑)もう初期衝動まるだしの恥ずかしいくらい自己満足なアルバムなんだけど・・・やっぱり歴史が動いた瞬間だったよね。


      ■歴史が動きましたね(笑)それでは、1stアルバムについて詳しく教えてください!


      ほしのあきだね〜(※欲しがるねの意味、多分)今聴いても聴ける曲ってすごい少ないと思うアルバムだよね。四分の3はデス曲なんじゃない?実験的だし、ソフトの使い方もわかってない(汗)でも何も考えないで作っただけに自由度は半端ないよね。

      こう野に放たれた野生のライオンみたいな…そうだね。うん、多分ところてんが…そうだね。

      うん…やっぱりキーパーって言ったら、森だよね。バンダナが今でも鮮烈に…そうだね。
      (※NUKUI BOGARDさん意味不明の言葉を言いながら、テレホンカードを並べる)


      ■その衝撃的なデビューから、わずか半年後の2005年の冬に2ndアルバムがリリースされますね!


      そうなんです!そうなんですよ(笑)遂に伝説の2ndアルバムになるんですね。このアルバムは今のスタイルの基盤が出来たというか、1stで模索して2ndで基盤を作って…って感じで。バラエティに富んだ内容だし、テンションが半端ないって曲も多い。自分でもどうやって録ってるのか想像つかない(笑)


      ■2ndアルバムについて詳しく教えてください!



      ホントに君は欲しがるね(笑)この腹ペコガール!
      そうだね二枚目ってこともあって冒険もしているし、今でも使ってる手法もあるし、ゲストのパワーも凄く大きいよね。色んなジャンルもあって、今聴いても凄いテンションで。ちょっと圧倒される一枚ですね!このバラエティ感とベースを作ったという意味では一番の名盤かもしれないね。デス曲も減ったと思うし(笑)

      このパワーと、攻撃力と歌詞の独創性…それがこのアルバムには詰まっているんだよ。例えば、君がお寿司を食べるとするだろ?まずはマグロを食べるとするだろ?そしたら醤油をチョンチョン…チュピンチュピンってつけるよね?そうゆう事!


      ■な、なるほど(苦笑)そしてFunny ALBUM三部作の最終章の3枚目にアルバムを翌年の2006年の冬に出す訳ですが、まず三部作と決めたのはなぜですか?


      まぁ…特に意味はないんだけど(笑)ずっとFunny ALBUMって名乗るのもなぁって。Funny ALBUMって何なのかなって考えた時、自分でもわからなくなっちゃって(笑)

      これはどこかで一旦終わらせないといけないなって思って。三部作にしましたね。


      ■最高の三部作だと思います!この3枚目のアルバムについて教えてください!


      もう!ホントに好きだねぇ〜r(呆れ顔)
      このアルバムは豪華にしたかった!とにかく豪華にしたくて、お世話になってるみんなに参加してもらって、すごいアルバムになった。一番安全で聴きやすいアルバムかもしれない。ゲストに頼りまくりで、自分自身あんまり参加してないのも事実だよね。

      俺も一番聴けるアルバムで、思い出が一番多いアルバム。だって友達たくさん参加してもらってさ。レコーディング風景とかもやっぱすごくてね。もう集大成といってもいいくらい豪華になったんだよ。



      ■ホントに豪華でした!ファンにはたまらない、鼻血もんのアルバムですよね!このアルバムの最終曲を締めるのはあの名曲「always together」ですね!


      名曲だよね(笑)呆れるほどに!初めて真面目な歌詞を書いた唯一の曲。友情や恋・・「1人じゃないよ」という売れセンなメッセージ(笑)安室奈美恵ちゃんの「a walk in the park」のサビと似すぎているサビ(笑)名曲だよね。もうね総勢10人参加してるって曲はなかなか作れないよ(笑)


      ■一回だけでもいいから生で聴きたい〜っ!!そして四枚目に行くのですが、ここで製作が中断してしまいますね。


      そうなんだ。3枚目がリリースされてから四枚目に取り掛かってた。BESTに収録された「JUSTICE」とか「嫌いじゃない」とかはこの時期に四枚目として作っていたんだ。

      この時期だけで多分12〜14曲ぐらいあった。今でもその中半分は音源で残っているけど…まぁ微妙だよね!

      アルバムには収録されなかったけど名曲も中にはあって。戸谷とけいちゃんが参加した「Earth Song(仮)」とかは、いい歌だなぁって思うな。そして、その頃はHIP-HOPみたいな事やりたい頃でさ(笑)そんな曲が多発してたよ。超リズム感悪いからね(汗)


      ■ではなぜその四枚目の製作が中断になってしまったのでしょうか?


      それはね…




      …インタビュー6に続くっ!!
      Posted by : NUKUI BOGARD(ヌクイボガード) | NUKUI BOGARDインタビュー | 13:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      NUKUI BOGARD突撃インタビュー4
      0
         ■「SCATRoW」がScandalass Trumpmanになる経緯を教えて下さい!


        好きだね〜(笑)メンバーが何人か抜けて、専門卒業した頃で仕事やら、何やらで色々環境が変わって…。

        夏くらいのライブを最後に無期限活動休止するってなったんだけどスタジオには定期的に入ってて。それで女の子三人加入する事になってさ。「SCATRoW」ってバンド名はまずいんじゃないって。


        ■そうだったんですか!そして遂にScandalass Trumpmanになる訳ですね!


        欲しがるね〜(笑)そう!最初は…っていうか今もそうなんだけどSKAっていうモノがわからなくて。それである日やすゆきの家に行ってCD聴いてたら、一目ぼれしたのがOi-skall matesだったんだ!次の日にセカンドアルバム買いに行って、その次の日にファーストアルバムを買いに行ったんだよ(笑)

        そこからはOi-skall matesみたいなバンドがやりたい!と思ってコピーして、オリジナルも作り始めてさ。俺個人としてはボーカルになったりして。今のスタイルに近づいてきたわけだよね。


        ■Scandalass TrumpmanはズバリNUKUI BOGARDさんにとってどんな存在なんでしょうか?


        俺にとってはそうだな…「生きがい」かな。もしくは「LIFE STYLE」かな?

        例えるなら「モーニング娘。」だよ。モーニング娘から始まって、シャッフルユニットとか、違うユニットでもやって。モーニング娘という最強のホームがあるから輝いている。色んなチャンスにも、色んな人ともめぐり合えたしね。僕にとって最強の趣味だよ。


        ■生きがいって(涙)かっこよすぎるんですけど…っ!!


        ちょ、ちょっと〜っ!普通の事…空気みたいなことなんだけどなぁ(汗)
        でもね、Scandalassがあるとないじゃ今の人生180度違うねっ!!


        ■それは凄いですね!では、もしScandalass Trumpmanをやっていなかったら、今どうなってると思いますか??


        わからないよ(笑)もしもってねぇ…。今現にこうな訳だしさ。

        でも多分…横浜でロブスター専門店をやってたんじゃないかな?


        ■ロブスター専門店っ!?超意外ですね!!ロブスターお好きなんですか?


        いや…食べたことなさそうなんだよね(笑)いや、一回少しもらった事あるな!もう覚えてないや(汗)



        ■…そうなんですか(汗)そうするとソロソロ、ソロの方が始まるんですかね?ソロだけに(笑)


        …いいかな?そういう駄洒落は人を不愉快にするよ。言われた方の気持ちにもなってごらん?君はおもしろいと思って僕に言ったかもしれないけど…。僕としては全くおもしろくないし、不愉快な気持ちしかない。他のアーティストだったら今の駄洒落を言われた時点でインタビューは中止されていただろうね。でも僕は一度受けた仕事は最後までやり遂げたいんだよ。


        ■すみません!以後気を付けます(涙)!!それではソロが始まるんでしょうか?


        そろそろね!!ソロだけに(笑)2005年の春とか夏とかに1stを作ったんだ。初めてみんなに聴かせた時は、忘れもしないフットサルの大会で大宮とかに向かってる車の中でだ!最初のみんなの感想は「音が小さくて聞こえない」みたいな感じで終わったんだよ(笑)


        ■そうだったんですか!意外ですね!


        それでこれじゃダメだと思って。もう一回マスタリングし直して…



        …インタビュー5に続くっ!!
        Posted by : NUKUI BOGARD(ヌクイボガード) | NUKUI BOGARDインタビュー | 13:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        NUKUI BOGARD突撃インタビュー3
        0
          ■室伏銀はどのような活動をなされていたんですか?


          高校三年の時かな?文化祭に出ようってなって、BRAHMANやGoing Steady、THE MAD CAPSULE〜をコピーしたのかな?それから楽器猛練習しましてね〜(笑)



          ■あれ…ヌクイボガードさん、楽器は全部弾けると?会話出来るんじゃ…!?


          そうだったんだけどねぇ(滝汗)全くね会話出来ないし、リズム感もなくなってて。。
          もう粗大ゴミでしたよね。当時の僕は(汗)…何か急にね、急に…。

          (※ここで急にNUKUI BOGARDさん、泣きながらファミチキに食らいつく)



          ■楽器が弾けなくなり、会話も出来なくなった…。一体この間に、何があったんですか??



          う〜ん…僕もイマイチよくわからないんだよ。FBIとかが調査したんだけどね(汗)

          何か高校時代に一ヶ月くらいの記憶がなくて、UFOにさらわれた説が一番有力なんだけど(汗)


          ■そうなんですか!?…そ、それは大変でしたね。。


          まぁね(汗)それで練習したんだ。俺の担当はボーカルとベースだったんだ。

          でも当時の俺ってベースの重要性を知らなくて、どうせ音聞こえないでしょって感じで、全然弾いてなかった(笑)多分シド・ヴィシャスより弾いてなかったね!


          歌もえらいもんだったし…パフォーマンスもえらいもんだった。でもね楽しかったんだよ。人前に立つことっていうか…大勢の前で演奏してる感じが気持ちよかったんだよね。見えないトコはビショビショだったんだよね(笑)


          ■…な、なら良かったです!でもホント高校時代と、過去のNUKUI BOGARDさんとは大きく違いますね。。


          そう?そうでもないよ(笑)みんなそう言うけどね!


          ■なら良いですけどね!室伏銀として文化祭が終わったら活動終了されたんですか?



          文化祭が終わって、卒業ライブってのを友達で企画してそこでラストライブをやったよ!何を思ったのか夏祭りとかカバーしちゃってさ(笑)しかも俺ドラムで(笑)そりゃ途中で止めるよ!
          あとねDragon Ashとかコピーしてたね〜!だって戸谷がベース弾いて、やすゆきがドラムだよ?想像つかないもんね!

          そのライブが終わってめでたく高校も卒業して、Scandalass の前身のバンド「SCATRoW」が始まるんだよ。


          ■おお〜ついに来ましたね!「SCATRoW」について教えてください。


          欲しがるね〜(笑)「SCATRoW」は高校の友達10人で結成されたんだ。最初はけいちゃんの「俺、SKAバンドやりたい!」っていう言葉からみんな集められてさ。

          トランペットが4人いてメロコアをやっていたのは有名な話だよね?俺も「SCATRoW」ではトランペット吹いてたんだ。

          オリジナルソングも結構作ったよあの伝説の「Happy Party」や、「汚曲」、「I wanna say」とかは結構有名だよね?


          ■ちょ、ちょっと存じ上げないのですが…。すみません勉強不足で!!


          …そう。いいんだよ気にしないで!あとは「シーサイド・シーサー」「学園天国」のコピーなんかもやってたね(笑)

          「フランソワ」って曲が超メロコアなの!どこにホーン入れるんだってくらい(笑)どっかに音源残ってないかな〜。


          ■初ライブはどうだったんでしょうか?


          初ライブね!初ライブは…確かPOTSHOTの「Be alive」のコピーと、「Happy Party」と「汚曲」をやったのかな?Be aliveのコピーなんて原曲とはほど遠い感じでさ(笑)

          男10人がステージでね、トランペット4人いて(笑)そのうち二人が音は出てて、残りの二人は持ってるって感じで(笑)凄かったよ!ホントね〜凄かったよ!!やすゆきとけいちゃんのツインボーカルで、今は体験入部で入ってるOGANDAさんもSAXでやってたんだよ(笑)今じゃトロンボーン練習してるよ!

          その後は…ちょいちょいやってて、川越にあるチコってライブハウスでよくやってたんだけど、一回チコが揺れた日があったね!もう揺れてるの!あれは伝説のライブだった!


          ■伝説のライブ!さすがですね!「SCATRoW」がScandalass Trumpmanになる経緯を教えて下さい!




          …インタビュー4に続くっ!!
          Posted by : NUKUI BOGARD(ヌクイボガード) | NUKUI BOGARDインタビュー | 00:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          NUKUI BOGARD突撃インタビュー2
          0

            ■NUKUI BOGARDさん!それでは…生い立ちの続きを宜しいでしょうか??


            YES!(※NUKUI BOGARDさんは汗をかいたのか、全裸でインタビューに答えている)

            チャイルドスターでデビューしていた時に、CDデビューも果たすんだよ。確か「この愛だけは永遠に」っていう壮大なバラードを作詞作曲して、全部の楽器を一人で演奏してさ(笑)


            ■え〜っ!!信じられないっ!全部の楽器を一人で??


            そうそう(笑)バイオリンからメンマまで(笑)しかも初めて鳴らす楽器が9割でさ(笑)
            でも音楽って習うもんじゃないじゃん?楽器って友達…恋人じゃん?音楽って恋愛じゃん??

            だから楽器と寝てみて会話しながら音を出していったんだよね(笑)俺って、もしかしたら音楽のジャングルブックなのかも!ってさ(笑)


            ■音楽は恋愛で、楽器は恋人(涙)凄すぎるんですけど!その「この愛だけは永遠に」は日本でも大ヒットして一躍時の人になりました!



            う〜ん日本でっていうか世界でね(笑)そうだね、どこに行っても人だかりになってしまったよね。まぁ有名税ってことなのかな?

            それでまた引っ越すんだよ。確かパリだったか、フランクフルトだったか?その頃ってツアーとかで世界中を回ってたからイマイチわからないんだよ(笑)

            ワールドツアーが終わって日本にまた帰ってくるんだ。その時はもう高校入学の時で。狭山の高校に入学したわけ!


            ■ワールドツアー終わってすぐ狭山ですか!凄いですね!!


            ある意味ツアーファイナルが狭山みたいなね!高校三年間は普通に高校生してたよ。そこでScandalassのメンバーと出会ったりしてさ。そして野球部に間違えられたりしてさ(笑)まぁ世界中を音楽旅行してきたから疲れてたしね。才能という翼を休ませる?っていうかね(笑)


            ■おぉ〜凄い生い立ちですね!!高校時代の思い出は何かありますか?


            高校時代ね〜何か目を付けられてて、よくトイレに呼び出しされてたよ!

            あとはEVER GREENに初めて話かけた言葉が「軟骨にピアス空いてるの?」だったよ(笑)


            ■そうなんですか(汗)先ほどからなんだか急に生い立ちが地味になりましたね(汗)高校入学ら辺から少しおかしくなったというか、それ以前がおかしかったというか…。



            そうかも(笑)でも高校を入学してすぐNYのハドソンから連絡があって「お前の才能が欲しい」って(笑)入学式が終わって、その日の便でNYに行ってさ。

            レコーディングに参加して、そしたらそのアルバムが全米1位とっちゃって(笑)もう訳もわからず痔にもなるよね(汗)だからボラギノール塗ってたよ。

            全米一位の祝賀パーティにも招待されてさ、もう凄いの海外セレブとか…ビアホフとか、ビアホフとかね(笑)凄く豪華な訳!

            でもおもしろかったのが、その海外セレブ達が俺にサイン求めてくるんだもん!びっくりして餃子投げちゃったよ(滝汗)


            ■あの伝説のアルバム「ハドソンのバブバブ赤ちゃん大作戦」なんですね!噂ではグラミー賞を断ったという都市伝説があるんですが?真相の方を教えて頂けたら…



            それリアル(笑)確かベストプロデューサー賞だったかな?その頃にはもう高校生活に戻ってて、でもグラミー賞取ったら高校生活に支障が出るなって。


            ■本当だったんですね!凄すぎますね!高校時代でグラミー賞を辞退。。その間もバンド活動も平行してやっていたんですか?



            そうだね!やすゆきと戸谷と伝説のバンド「室伏銀」ってバンドをやっていたね。俺がじゃんけんに勝ってなければ室伏銀ではなく多汗症ってバンド名になっていたんだ(汗)ホントじゃんけんに勝って良かったと思うよ。


            ■室伏銀はどのような活動をなされていたんですか?

            高校の文化祭に出ようってなって…




            …インタビュー3に続くっ!!
            Posted by : NUKUI BOGARD(ヌクイボガード) | NUKUI BOGARDインタビュー | 16:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            NUKUI BOGARD突撃インタビュー1
            0
              本誌「月刊てぃむぽ」独占取材!NUKUI BOGARDさんに突撃インタビュー!忙しい合間に僅かながら時間を頂いた我ら「てぃむぽ」スタッフ!しかしNUKUI BOGARDさんは疲れた表情を一切見せず、笑顔で我々「てぃむぽ」スタッフ一同を迎えいれてくれました(涙)

              しかも!!「てぃむぽ」スタッフ全員にクオカード3000円分をプレゼントしてくれました(涙)なんて優しい方なんでしょうか!ここでまさかの照明担当のスタッフMが椅子を破壊(涙)。。そしたらNUKUI BOGARDさんは「俺ずっと座ってたから、立ってるよ!立ってるって下の話じゃないよ(笑)」

              そんなピンクジョークを頂き(涙)なんて心の清らかな方なんでしょうか!「てぃむぽ」スタッフ全員椅子に着席のなかNUKUI BOGARDさん一人立つという不思議な光景の中、嫌な顔一切せず笑顔で取材に応えてくれるNUKUI BOGARDさん!それでは「月刊てぃむぽ」独占取材のインタビューをどうぞ!!


              --------------------

              ■今日は宜しくお願いします!「月刊てぃむぽ」はご存知でしょうか?


              こちらこそ宜しくお願いします。もちろん!あの…オティムポ林さんのコラム「軟式ペニス」はいつも勉強になるなぁ〜って思ってますね。


              ■感激っ!(涙)本当ですか!林さん喜びますよ。ベストアルバムも「月刊てぃむぽ」で特集させていただいて、お蔭様で完売になりました!これは60年の歴史の中で初めてだそうです。初めての黒字でしたよっ!


              大丈夫か!月刊てぃむぽ(笑)何だか複雑だけどありがとうございます。今回も完売に…黒字になればいいんだけど(汗)


              ■うぅっ…(てぃむぽスタッフ:永井ちゃん思わず感激の涙)すみません!その気遣いが嬉しすぎて。


              ちょっと〜!この子にハンカチ…ハンケチーフ!ハンケチーフ持ってきて〜!それじゃない!それ17000円のやつでしょ!?奥の75000円したやつ!

              ■そ、そんな!もう感激ですよ。。永井感激〜っ!!!


              乙女の涙をさ、ティッシュで拭う方が失礼だもん。その75000円のハンカチ…ハンケチーフは君にプレゼント!乙女の涙は大切にしなきゃね!


              ■…(てぃむぽスタッフ:永井ちゃん思わず失神)…はっ!本当にすみません!ありがとうございます!!しかも全くインタビュー進んでないですよね(汗)お忙しい所本当にすみません!


              いやいやこちらこそ!さ、気持ち切り替えて何でも答えるよ!!


              ■それではNUKUI BOGARDさん!生い立ちを教えていただいても宜しいでしょうか?


              YES!僕はロンドンで産まれて小学校の低学年の時に、文京区に引っ越してきたんだ。だから小さい頃は英語しかしゃべれなかったんだけど、今はこの様でI can't Speak Englishな訳(笑)

              それで中学校上がる前にロス(※ロサンジェルス)に引っ越して…ちょうどその頃、チャイドルスターとして映画とか、CMとかバンバン出てた頃だったなぁ。


              ■凄い経歴ですね!音楽の目覚めっていうのは丁度ロスの頃でしょうか?


              NO〜!音楽の目覚めは記憶がないんだけど3歳の頃、メアリーおばさんの趣味のピアノで「Let it be」を弾いて歌ってたんだって。どんな子供だよって思ったよ(笑)そしたら世間が騒いじゃって(笑)テレビは来るわ(笑)ラジオは来るわ(笑)ジョンソン来るわ(笑)で(笑)大変だったよ(笑)


              ■三歳から!天才少年じゃないですか!!


              う〜んmaybe ね!まぁ〜そうだね会ったことないもんね。それから自分で作曲したり、作詞したり、プロデュースしたり…それが5歳くらいだもんね!でもね、俺音楽って習うもんじゃないと思ってるのね。感じるっていうか…そうだな、息を吸う感覚?母体にいる時から心臓のBEATを刻んでる訳で、そこが音楽の始まりかもしれないし…何言おうとしてたんだけ(笑)


              ■音楽は習うもんじゃないってところです。


              そうそう(笑)焼肉はたまに食べたくなるよねって話だよね(笑)違うかっ!(笑)(※NUKUI BOGARDさん突然席を立ち、窓際でシャドーボクシングを始める)



              …インタビュー2に続くっ!!
              Posted by : NUKUI BOGARD(ヌクイボガード) | NUKUI BOGARDインタビュー | 16:23 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
              NUKUI BOGARDインタビュー3
              22
               

              11.Sweet cocoa

              出ました!お馴染みバンジョーで始まる曲です。カントリー調で小学生みたいな歌詞。当時はよくバンホーテンココアを飲んでいました。

              12.JUSTICE

              年末に作ったのにお正月の内容です。時期ズレ引き起こしています。JUSTICEは後半しか関係ないです。展開が凄いんで最後まで聴いて下さい。

              13.ONLY YOU

              私が思うにNUKUIソロの原点はここにあると思います。ここでもMUSHのパワーが!この謎のトラック、謎の歌詞、キヨシちゃんお茶買ったの?ってフレーズは好きです。

              14.ULTRA LIGHTS

              幼稚園からの幼馴染三人で作った曲です。しかもトラックはVIVA ROCKが作りました!知らない人以外に多いんじゃないかな?三人が交代でボーカル、サビは残酷ですよね。タイトルはタバコから。

              15.嫌いじゃない

              SMの世界を。男女ボーカルっていうか語りというか、なんと言うか。噛みまくりです。女王様のせりふってあんま知らないんで、謎の台詞で満ち溢れています。最後はスピリチュアルに終わります。

              16.Change your clothes

              これも原点というべき一曲です。このぶっ飛んだ展開、謎の歌詞、不思議な世界。しかも収録時間も長い!この曲が受け入れられるなら全曲いけるんじゃないかと思います。

              17.HAR HAIR

              HASHIZUME87と録音した隠れ人気曲!トラックはめっちゃシンプルで歌詞も不思議な世界で。けいちゃんが輝いております。ウィスキーが飲みたくなりますね!

              18.LIVE IN TOKYO1

              出ました!ライブ・イン・東京!してないのにね!こんな雰囲気なのかな〜ってね。まぁ〜とんでもない内容ですね!ある意味LIVE感出てます。

              19.animal park

              EVER GREENがギターで参加してくれた曲です!歌詞以外はかっこいいです!歌詞は動物図鑑の索引を読みながら歌っています。全体、所々でSlipknotを意識しています。個人的には大好きです。

              20.ドランキーこばやしの事件簿

              一時期ポッドキャストでやっていた推理小説的な内容です。ドランキー小林という探偵の事件簿です。今回も事件が勃発!果たしてドランキー小林は事件を解決する事が出来るのか!?聴いて確かめて下さい!


              二回に渡って全曲紹介させていただきました!これから聴く人も、もう聴いた人も参考にしていただけたなと。まぁ〜何の参考かよくわかりませんけどね!

              さぁ〜レッツ・おっぱい!!



              Posted by : NUKUI BOGARD(ヌクイボガード) | NUKUI BOGARDインタビュー | 10:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              NUKUI BOGARDインタビュー2
              0
                 NUKUI BOGARDさんに全曲紹介していただきました!



                1.NUKUI BOGARD  THAME SONG

                この曲はライブをやるとしたら、SE(出囃子)みたいな曲欲しいなって思って。作ってるうちにこれボーカルいらないなと思って、初めて一回も声を出してない初の試みをした曲です。展開が好きです。


                2.DAIKONG SAN NINJING SAN

                NUKUI BOGARDを代表する一曲ですね!!MUSH JJとの競作で、とにかく破壊力が凄い曲。着うたフルで配信されているんでぜひ!


                3.O-P-P-A-I

                この曲も代表曲です。ゲストにEVER GREEN!この強烈なサビとROCKなトラック、そして大好きなおっぱい。もう他には何もいらないでしょう!


                4.MISO MISO FIRE

                新曲です。女性ボーカルとの絡みをやりたかったので、自分で声にエフェクトをかけて男女ボーカルでやりました。民族トラックに味噌るという謎の行為。自分でも味噌るは何だかわかりません!


                5.My self

                出ました!3枚目の人気曲、HIP HOPです。この曲はKOKESHI HIGH SCHOOL EDITIONというHIP HOPグループの曲です。自己紹介的な歌詞、みんな一時間そこらで歌詞を考え録音しました。各々の才能が炸裂しています。かなりいいですよね!まぁ〜サビはいらなかったかもなぁ。


                6.Parallel world

                ex-DORITOSSのSxxkと二人でやりました。また意味のわからない展開、そしてSxxkの世界。まさにParallel world!!


                7.Hey!my brother

                この曲はEVER GREENの誕生日にプレゼントしたレッチリを意識した曲です。まぁ〜レッチリを感じる人は皆無だと思いますが、歌詞は大好きですね。※音量でかいです。


                8.SEXY GIRL

                Justin Timberlakeを意識して作った曲です。私のテーマの一つSEXYを題材に。SEXYかどうかはわかりませんが完成度はこのアルバムの中でも高い気がします。ただいかんせん真面目に作りすぎたってトコは否めない!着うたでも配信されています。


                9.NA.MI.DA

                一枚目の初期衝動!森山直太郎を意識して作ったけど訳わかりません。完全一発録り。アカペラっていうかなんていうか。後半盛り上がるところはオススメです。涙なしには聴けません!


                10.VEGETABLES SONGS

                アルバムの折り返し地点にSKAナンバーを。Scandalass Trumpmanとは全く違うSKA、SKAなのかもよくわかりませんが前半お尻で後半野菜な歌詞。お尻が割れたって歌詞は好きですね。最初から割れているのにね!



                後半は次のインタビューで
                Posted by : NUKUI BOGARD(ヌクイボガード) | NUKUI BOGARDインタビュー | 14:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                NUKUI BOGARDインタビュー1
                0
                  200906281609000.jpg
                  この度BESTALBUMを発売されるヌクイボガードさんに突撃インタビュー!


                  ■BESTアルバムおめでとうございます!


                  ありがとう!日々支えてくれるみんなに感謝!


                  ■なぜBESTアルバムを出そうと?しかも無料配布で!


                  三枚のオリジナルアルバムを出したけど、聴ける人はごく僅かで(笑)無料配布にすれば最低1000人は聴いてくれるかなと。

                  三枚のアルバムは3部作で俺の中で一応完結していたから。ここしかないかと。


                  ■BESTアルバムなのに新曲多いですね!


                  新曲っていっても純粋な新曲は4曲くらい(笑)アルバムに未収録のネットでアップした曲が多いね。ネットでアップした曲は四枚目に入れる予定だったけど色々あって。プライベートでもそうだし、データが消えたってのが大きい(笑)



                  ■一曲目の新曲はまさかのインストで意外だったんですが。


                  もしLIVEやったら、SEみたいな曲欲しいなって思って俺が大好きな展開をやってみたかった。作ってるうちにボーカルなくていいやと思って(笑)



                  ■ジャケットも顔ですね(笑


                  そう顔(笑)!顔なんだよね(笑)。顔でありつつシンプルなものにしたかった。でもパンチが欲しいのでアフロにした(笑)。いつかアフロにしたかったんでナイスタイミングだなと。



                  ■ズバリ一番思い入れがある曲は?


                  難しいなぁ(笑)

                  でもやっぱりDAIKONG SAN NINGING SANかな!一撃必殺だし、マッシュの破壊力は神の領域だよね!エスニックなトラックも好きだし、あんな曲だけど知らぬ間に着うたフルで配信されてたり(笑)。世の中わからんなと思ったし。

                  マッシュはソロをやったら確実に俺以上のアルバムを作るよ。脅威であり力強いパートナーでもある。またやりたいね!



                  ■今回はBESTって事もあってゲストもたくさん収録されていますね!

                  新曲では初のギター生音をEVER GREENに弾いてもらったり新しい形でゲスト参加してもらったよ。


                  ゲストいなかったら三枚もアルバムは作れなかった。あの緊張感の中で、みんなホントに凄いなと。

                  聴いてるわからない、参加した者でしかわからない緊張感とスリル、そしてドラマがレコーディングにはあるんだ。

                  簡単そうにみえるけど、凄いドラマがある。いつかレコーディング風景をDVDにしたいね(笑)



                  ■楽しみにしています(笑)今回BESTアルバム、ズバリ一番伝えたい事は?




                  ないよ(笑)


                  一切ないね(笑)でも、元気ないとき、こんな馬鹿がいるんだって思って元気になってくれたら最高だよね。


                  ■やっぱり気になるのが、次回作の四枚目のアルバムなんですが?



                  4枚目のアルバムは実験的であり、オムニバスアルバムのような多種多様のジャンルが入る予定。


                  まだ収録曲とか決まってないけど大体ストックが60曲くらいあって。これから絞って完成度をあげる感じだね。



                  ■BESTアルバムでここは聴いてもらいたいって部分は何ですか?



                  う〜ん、そうだな…強いて言えばマスタリングがめちゃくちゃだって事。音量が曲によってバラバラだから…聴くときは注意してね!

                  あとゲストの破壊力と、バックのトラックも、バックのボーカルなんかにも注目してくれたら倍楽しめると思うね!



                  ■最後にファンの皆さんにメッセージを!



                  これ…たまきんってレベルを越えてるでしょう!!


                  って気持ちで聴いて下さい。あと、ここだけは必ず覚えといてほしいんだけど、普段は凄く真面目だからね!お酒は飲めませんし…。アレやってんじゃないかって思われるのは嫌だなぁ!今後も地道に活動していくので飽きるまで宜しくお願いします!!



                  ■次のインタビューでは全曲解説!
                  Posted by : NUKUI BOGARD(ヌクイボガード) | NUKUI BOGARDインタビュー | 01:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  TOP